絵を描くことが好きだった私の初めての展示会

絵を描くことが好きになったのは幼稚園の時です。とても大人しかった私は周りがどれほど騒がしく遊びまわっていても一人でもくもくと絵を描いているような子でした。絵を描いてそれが自分の想像していた出来だと大変嬉しく、また時にそれを上回るほど完成度の高いものができれば最高の気分になれました。


そしてそれを先生や友達、そして何より親にほめてもらうことが何よりの快感でした。私にとって絵を描くということはもうライフワークになってゆきました。でも、時にそれば突っ走りすぎてしまい、先生に課題をだされてもすべて自分流にアレンジしてしまいたい気持ちが抑えられず、違うものを作ってしまいかえって叱られるようなこともありました。そして小学校に上がれば今度は作品展など発表の機会が増えます。発表ともなればまたモチベーションが上がり、私は賞をとることに一生懸命になりました。賞をとれば今まで以上にまわりは喜んでくれるし、自分にとっての自信につながりました。自信がでてこればまたやる気も一段と増してきます。こうして小学生時代の私はとても絵が上手な子としてはやしたてられ、賞をとらないものはありませんでした。完全に天狗になった私でしたが、その鼻をバキっと折られてしまったのが中学生の時でした。色々な小学校から集められたメンバーの中には今までに見た事もないくらい素晴らしい絵を描く子がいたりして、私は必ず賞をとれる絵の上手な子ではなくなってしまいました。その挫折はとても大きなものでした。でもその挫折のおかげで、私は本格的に絵を学ぶ決意をしました。高校時代は絵の予備校に通い、美大に行きました。初めて勉強する彫塑や染色、デザインなどからも影響を受け、私は油絵作家の道へ進むことになりました。初めての展示会はギャラリーのオーナーにスカウトしてもらって東京で行うことができました。無料でやらせてもらっている分売上を出さなければなりません。私はこの時初めて営業活動というものもしました。名もない作家の絵が売れるということはとても難しいことなので、私は必至で頑張りました。そして結果は惨敗でした。でもギャラリーのオーナーはこれから勉強していけば良いと元気づけてくれました。


そしてこれからも継続的に展示会をやらせてくれることを約束してくれました。私にとって絵は離れられないものなので、どうにか売れるようになってこれを仕事としてゆきたいと思っています。そのためにも日々制作に励みます。